SAKASHITA HOUSE

信頼の実績はここから。

家づくりは、暮らしづくり。

坂下ハウスがつくる家:工法

基礎

全棟地盤調査を実施して地耐力に応じて杭打ち・地盤改良・基礎補強工事を行います。
スカート断熱工法により冬期間の凍上や凍害の心配の無い頑丈な基礎を施工します。
基礎コンクリートを屋外60mm+屋内60mmのビーズ法ポリスチレンフォームで断熱し、床下の土間はコンクリート仕上げすることにより寒気の侵入を防ぎ、基礎土台部分湿度・腐食・結露を防いでいます。
セルボード・吹込断熱

構造・躯体

在来工法(プランの自由性)と2×4(プラットフォームの頑丈さ)を併せ持つSHP壁軸組工法により従来の在来工法の壁倍率で2.5倍の強度を実現し耐震性の向上を実現しています。
2×4では難しい改築・リフォームにも対応しやすく、将来の増改築に柔軟に対応できる特徴があります。
構造材は軸組の構造設計されたプレカット集成材を使用しています。

断熱・気密

壁の断熱は柱間に施工時密度35kg/m3の乾式吹込断熱105mmと付加断熱として断熱ボード(ビーズ法ポリスチレンフォーム)30mm~50mmを施工し、天井断熱には施工密度18kg/m3・300mmに付加断熱として断熱ボード30mm~50mmを施工しています。
暖房コストを軽減し壁内結露を防ぎ断熱材の経年変化による熱ロスの少ない住空間を提供しています。
完成時には気密測定を実施し隙間相当面積:C値=0.5cm/m2以下を実現します。
標準仕様の住宅で熱損失係数:Q値=1.3w/m2以下を確保します。
DBI Blowニューブローエース構造図で見る

換気

第1種熱交換型換気システムを採用しています。
24時間計画的に新鮮な空気と入れ換えを行い室内の汚れた空気やVOCを屋外に排出することでクリーンな環境を実現します。給排出時の熱ロスを最小限にし、暖房効果を高めています。
※レゾン以上に標準装備
※レゾン以上に標準装備

シックハウス

ハイクリンボードを標準仕様。
ホルムアルデヒドを吸収後、無害な物質へと分解するため再放出されません。

遮音性

床下地材に耐火遮音材(タイガースーパーハード)を施したフロアシステムを採用することにより階下への音の伝達を低減しています。

構造図

断熱・気密

坂下工務店では軸間断熱(柱と柱の間に断熱材を充項する工法)に外断熱材を追加して貼る工法を採用しています。
●軸間断熱
柱間にネットを張り、粒状のグラスウールを吹き込む(乾式吹込断熱工法)ことで配管部分、筋交いの部分など、どんな形状の部位にも隙間無く施工できます。また音に対しての吸収性があるので防音効果もあります。
●付加断熱
壁体内に充填された断熱材に付加して外側に板状の断熱材を貼る事で更に断熱効果がアップし、冬の断熱効率アップやランニングコストの低減を実現しています。